肌のハリを保とう|食事とサプリで内側からのケア

美肌効果のある成分

コラーゲン

皮膚をつくる物質

コラーゲンの特徴は、体の皮膚や軟骨などを作っている、タンパク質に一種である成分だということです。体の構成物質として必要不可欠な成分で、体内で生成したり、食べ物から摂取することができます。コラーゲンには、肌の弾力を保って潤いを保持する美肌効果や、血管や骨を丈夫にする効果などがあります。肌の土台となる真皮層はコラーゲンでできていて、加齢によって量が減ると、しわやたるみの原因になります。年齢を重ねると体内で生成できる量が減っていくので、サプリメントなどの健康食品で補うことで、若々しい美肌を保つ効果が期待できます。関節にある軟骨にもコラーゲンが含まれているので、コラーゲンのサプリメントを摂ることで、関節痛を緩和する作用があります。

低分子タイプが人気

コラーゲンが配合されたサプリメントや、健康食品が販売されていて、年齢とともに体内で減少していくコラーゲンを補うことができるので、人気があります。コラーゲンのサプリメントを利用すると、肌のはりをアップしたり、膝の痛みを改善できるなど、体の老化を抑制する効果があるのが人気の理由です。サプリメントなら毎日手軽に摂取することができ、成分が凝縮されているので、効率よく栄養を摂ることができます。サプリメントには、体内で吸収しやすいように、低分子化したコラーゲンが配合されている商品があり、人気があります。牛や豚を原料とした動物性と、魚から作られた海洋性のタイプがあり、海洋性コラーゲンの方が吸収率がいいので人気です。